Top >  点検項目(エンジンルーム) >  点火装置

点火装置

点火装置は、方向指示器や、

ブレーキーランプなどのことを言います。


方向指示器は、方向転換をする際など、

ブレーキは、後退をする際に、

必要となってくるので、

損傷や故障をしていれば、事故の原因ともなります。


主な原因は、ランプが切れている

ということが原因なので、

簡単に交換することが出来ます。


車内にある方向指示器から、

バッテリーにきちんと電気が

流れていないと、方向指示器は作動しません。


バッテリーに繋がっている線が

何らかの原因で切れてしまったり、

古くなって切れてしまうことがあります。


バッテリーの交換をする際に

点検出来ればいいのですが、

素人には難しいので、

車検の際に点検してもらいましょう


ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【車検前の多くの人が見ている人気ページです】


車検を安く済ませたい場合はこちらから

愛車の査定金額を知りたい場合はこちら

自動車保険を安くしたい場合はこちらから





         

点検項目(エンジンルーム)

どんなところを点検するのか?説明をしていきます。

関連エントリー

パワステ、ベルトの緩み
点火装置
バッテリー、電気配線
エンジン
冷却装置
燃料装置
公害発散防止装置





はじめての方へ

車検とは?

車検費用の相場は?

車検ローンを有効活用

車検時に必要なもの

車検の必要書類を紛失したら

車検はどこがお得?

点検項目(エンジンルーム)

点検項目(車内点検)

点検項目(足元)

点検項目(下まわり、外まわり)

ちょっとした疑問






Yahoo!ブックマークに登録